越淡麗 生育日記⑦  (9月11日118日目)

昨日は越淡麗研究会の皆様が来られ、稲の刈り取り日を決める調査が行われました。
今年の夏は、猛暑や台風など異常気象が多くみられましたが、生育に問題はなく順調に育っていると講評いただきました。刈り取り日は10月上旬の予定です。
段々と稲穂も色付きはじめ、もうすぐ見られる一面黄金色の稲穂の光景は、みのりの秋の象徴と言えるでしょう。
米作りもいよいよ終盤です。