村上大祭のご紹介

村上市にて、7月6日、7日に行われる村上大祭のご紹介です。
村上大祭の由来(村上観光協会ホームページより)
「村上大祭は、勇壮にして華麗な祭りです。
江戸時代初期の寛永10(1633)年、藩主・堀直竒(ほり なおより)候が今の地に西奈彌羽黒神社社殿を造営し、臥牛山の元羽黒から御遷宮した時に遷宮祭を執行したのが、そもそもの起こりとされています。
県下三大祭の一つにも数えられるこの祭りは、3基の神輿に御神霊を奉遷して、荒馬14騎、稚児行列を先導に町内を巡行する「お旅神事」ですが、19台のおしゃぎり(屋台山車)運行は圧巻です。彫刻を施し、村上伝統の漆塗りの粋をこらしたおしゃぎりの中には、二百年以上前のものもあり、まさに絢爛たる美しさです。」
弊社のある上片町は17番屋台で、今年のポスターになっています。