酒米「越淡麗」の稲刈りを行いました。

爽やかな秋晴れとなった今日は、絶好の稲刈り日和となりました。

田植から132日目にして待望の収穫です。

品質は非常に良いとのことで、今年も良いお酒が造れるように願いを込めて刈り取りました。

本日収穫した「越淡麗」は来年秋に「〆張鶴 純米吟醸 越淡麗」として発売される予定で、この冬に仕込みが行われます。